忍び寄る健康被害|家が古くなったら雨漏りの点検や修理をしましょう

気になるところ

修理中の作業員

水まわりなどと並んで大切なリフォームポイントが屋根の修理です。そんな屋根の修理では、適正な相場を知ることができる専門サイトがあるようです。中古車査定のようなもので、修理項目や建物の種類などを入力し送信すれば複数の業者から見積もりができるというものです。

More Detail

雨水の侵入をどう防ぐ

手の上の雨水

徹底修理で問題解決

住宅の屋根が傾いているのは、言うまでもなく雨水を溜めずに流すのが目的です。屋根には日本伝統の瓦屋根の他、トタン葺きやスレート葺きなどいろいろな種類があります。近年では洒落た外観からスレート葺きの屋根が増えています。新築当初は十分に機能を果たしていた屋根も、築年数が経つにつれて少しずつ劣化していくことが避けられません。スレートのひび割れや瓦のずれ、トタンの錆びによって雨水が侵入しやすくなるのです。屋根の隙間から侵入した雨水は天井裏や柱・梁を伝って室内にまで落ちてくることがあります。これが雨漏りと呼ばれる現象です。雨漏りが発生すると室内が雨水で濡れてしまうばかりでなく、天井や柱・梁が水分を含んでカビも発生しやすくなります。バケツなどで雨水を受ける方法は昔から行われていましたが、雨漏りは住宅環境を悪化させますので根本的な対策が必要です。最も効果的な対策は修理業者に依頼して屋根を徹底修理してもらうことです。葺き替えには費用もかかりますが、屋根が新品になれば雨漏りも発生しなくなるため安心して暮らすことができます。信頼できる業者はしっかりした施工で雨漏り再発を防いでくれるため、特に人気があります。

台風シーズンに備えて

築年数が古い住宅では、強風や大雨といった過酷な気象条件にさらされるほど雨漏り発生リスクが高まります。台風シーズンを迎える前に屋根の点検を行なうことも必要になってきます。とは言え高所での作業は危険も伴いますし、屋根が劣化しているかどうかを素人が見抜くのは簡単でありません。こうした点検も雨漏り修理業者に依頼することで、被害を未然に防ぐことにつながります。優れた業者の目は、近い将来に発生する雨漏りの可能性も見逃しません。強風や大雨で雨水が侵入すると予想される個所が発見されれば、すぐに補修してもらうこともできます。屋根の状態によっては部分補修よりも全体を葺き替えた方がいい場合もあります。雨漏りが発生してから修理するより、発生する前に防いだ方が家にダメージを与えずに済むものです。近年は地球温暖化の影響で台風が大型化していると言われています。想定外の暴風や集中豪雨に見舞われれば、通常の台風なら耐えられる屋根も壊れてしまう可能性があるのです。住み慣れた家にこれからも安心して住み続けるためには、屋根に十分な強度があることが欠かせません。こうした対策が家族の健康も守ってくれるものなのです。忍び寄る健康被害に注意していきましょう。

近年の住宅の傾向

笑顔の子供

古い住宅は雨戸が主流でしたが、最近はほとんどの住宅にシャッターが付けられています。特に、電動式のものが開け閉めも簡単ですし、開閉時の音も気になりません。リフォームでシャッターを設置するケースも増えています。

More Detail

大切なこととは

工具

兵庫で解体工事を業者に依頼する場合には、信頼することが出来る業者を選ぶようにしましょう。いくつかの業者に見積もりを依頼することはもちろん、質問に対して真摯に対応してくれるような業者を選ぶという事が重要になります。

More Detail